園田整骨院/尼崎市大阪市豊中市から阪急園田駅スグ 整骨院と鍼灸院

園田整骨院

腰の症状

ぎっくり腰(急性腰痛)

不意な動作時に急に襲う、腰部への激痛。「ぎっくり腰」
腰痛は、急に腰が痛くなってしまう ぎっくり腰(急性腰痛)と、長い間、腰に不快感と痛みを及ぼす慢性腰痛とがあります。(慢性からギックリ腰になることもあります。)
ぎっくり腰は、若い人にも多く、日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。

  • ぎっくり腰の原因は?

    毎日、何気なく行っている動作がきっかけで、ぎっくり腰になってしまうこともあります。
    ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。
    ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

    朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけが、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいますが原因はあるはずです。
    ほんのささいな動作でも筋肉を傷めます。

    では、ぎっくり腰の発生メカニズムについてはどうなっているんでしょう?
    ギックリ腰の原因は腸腰筋を初めとする「腰周辺の筋肉や股関節屈筋群の機能障害」と考えられます。
    すごく簡単に言うと筋肉が動くときに 伸びないから 筋肉が切れるのです。

    そして 炎症、痛みをだします (;゚Д゚)!

    ほとんど身体を動かすことができない程のぎっくり腰を経験する人も少なくありません。

  • ぎっくり腰の症状は?

    ぎっくり腰では、自力で立ち上がることが困難になることもあります。
    ぎっくり腰の痛みの程度や症状のは、人それぞれなのですが、多く見られる症状は

    • 動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。
    • 最初は違和感程度だったが、時間の経過と共に痛みが強くなる。
    • 椅子から立つのが痛い。できない。
    • おじぎをすることも(前屈)、体を反らす(後屈)こともできない。
    • 歩行が困難。前かがみで歩く。
    • くしゃみ、咳で痛みが強まる。
    • 寝返り、寝る姿勢を変えると痛みがます。
    • 骨盤に近い部分やウエストライン辺りの腰部が痛んだりする。
  • 自分でやる ぎっくり腰の対処法

    動けないほどのぎっくり腰では、無理をせずに、楽な姿勢で横になりましょう。これ大事です。
    腰をギクっと痛めたとして、下肢にも症状が出たり、楽になる姿勢が無く、ずっと痛んだままである場合、発熱、発汗(冷汗)がある場合などは、早めに整形外科やかかりつけ医を受診した方がよいかもしれません。
    内蔵的疾患の疑いがるかもしれません。(腎臓、尿路結石など)

    筋肉の損傷であれば、2~3日((炎症期のため)もすると、動くことが出来るようになります。(ただし、無理をしなかった場合)
    ぎっくり腰になってしまったら、2日間くらいは、なるべく安静にして過ごしましょう。
    寝る姿勢は、横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたりといった自分の楽な体勢になりましょう。
    痛めて2~3日は、痛めた部位は温めないでください。

    1日数回、10~15分間アイスパックなどで冷やして対処します。
    どうしても動かなくてはならない場合は、腰痛ベルトやさらしを巻いて、腰部を安定させると、楽になる場合もありますが無理は禁物です。