園田整骨院/尼崎市大阪市豊中市から阪急園田駅スグ 整骨院と鍼灸院

園田整骨院

施術内容

  • 捻挫

    捻挫ってなに?

    ケガの中で一番ポピュラーなのがねんざです。転んで手をついたり、足を捻ったりして関節にその可動域範囲(関節が最大限に動く事ができる生理的範囲)を超えたストレスがかかった時に起こります。
    その時、関節の中で骨と骨とをしっかり止めておく靱帯が傷むわけです。

    わりと馬鹿にされがちですが、捻挫の中には数ヶ月も加療を要するものもあります。
    また施術をしないで放置すると長期間痛みが残ったり、動揺関節といって靭帯がゆるんだままになって関節がぐらついたものになってしまうことが多数あります。
    数日で治るのも、数ヶ月も要するものも捻挫です。捻挫だといってあまく見るとその関節が捻挫し易くなり所謂、クセになり同じところを何度も捻挫を繰り返し、将来、変形性関節症の原因になりますので注意して下さい。
    自己判断は禁物です。

    また、最近の画像機器あるいは、確定診断能力の向上により関節軟骨の損傷、関節部を通過する筋・腱の損傷なども明らかになり現代では、『 関節及び関節周囲の組織損傷 』という考え方になってきています。
    多い捻挫の例としては、寝違え等で頚部捻挫、手をついた等で手関節捻挫、球技スポーツ等で肩・肘関節捻挫、突き指で指関節捻挫、ぎっくり腰等で腰部捻挫、転んだ等で膝・足関節捻挫等があります。

  • 打撲

    体をどこかにぶつけた、何か体に当たった、転んで地面にぶつけた等で痛みがあれば、打撲だと思います。

    打撲は靱帯のほとんどの場所で起こる怪我で、転倒や衝突、打撃などの主に鈍力の作用によって関節や筋肉、スジなどを傷めた状態をいいます。
    患部に青いアザができたり血腫という血の塊ができたりしてケガをした付近が動かしにくくなったりします。
    捻挫と同様に軽視されがちですが場合によっては施術が長期に及ぶ場合もあります。
    特に血腫が瘢痕といって硬い塊になったりしますと厄介になりますので注意してください。
    応急処置は冷やすこと(アイスマッサージ)です。

    打撲は軽いものなら放っておいても痛みは取れますが、打撲した部分が硬くなりその部分で肉離れ等起きることがありますから、しっかりした施療をオススメします。
    多い打撲の例としては、尻もち等で臀部打撲、転倒等で肘部・膝部打撲等があります。

  • 挫傷

    筋肉や腱に痛みがある場合、挫傷が考えられます。
    一般的には、肉離れ、腱鞘炎と言われるケガが挫傷です。

    挫傷も痛みが出てすぐ施療すれば、すぐ治ります。しかしほとんどの方は、だいぶ我慢してから来院する場合が多いです。
    その場合、もし一ヶ月我慢すれば、完治まで2ヶ月かかります。
    1日でも早くの来院をオススメします。
    多い挫傷の例としては、スポーツ等による肉離れで、上腕部・大腿部・下腿部挫傷、重い物を持った等で背部挫傷、腱鞘炎等で前腕部挫傷等があります。

    詳しくはこちら

  • 干渉波施術

    干渉波とは高い周波数の電流を4つの電極から流し、電流が交わる広い範囲で、別の周波数の電流を発生させます。
    体内の奥深い所でぶつかり合い、今まで私たちが感じたことのないような、特別な電流が発生します。
    電流と電流が互いに干渉して、新しい電流が生まれるため、専門的には「干渉波」電流と呼ばれていますが、体内の深い部分から波のような運動感が起こることから「運動波」とも呼ばれています。
    痛みのある周りに着けることが効果的です。

    効果は・患部の血行改善・鎮痛効果吸盤を使いますので、若干吸盤の跡がつきますので、それが嫌な時は、お申し出下さい。
    干渉波(電流が干渉し合って作る波)の形は、四つ葉のクローバーのような形をしています。
    そして電極のプラスとマイナスが交互に切り替わるため、クローバー波が常に回転して、ほぼ円形の状態になります。

    ■干渉波の形が残るのは

    干渉波(電気治療)をした後イラストのように干渉波の吸盤の形の跡が残ることがあります。

    右が紫っぽく、2~3日、跡が残る場合があります。
    ちゃんと消えますから 心配しなくて大丈夫です。
    これは、その場所の血行が かなり悪くなっていることを示しています。
    東洋医学では、お血(おけつ)といいますが、血液が停滞している状態です。
    このような状態の時は,素早い動作をすると、筋肉損傷を起こす可能性があるので注意が必要です。

  • 低周波施術

    低周波とは、1902年、フランス人ルジュックにより開発された施術法です。
    片方の導子から、1~100Hzの電流を、体内の浅い所に流し、痛みに対しての、マッサージ効果と血行促進効果、鎮痛効果があります。
    痛みのある筋肉にあてます。

  • ホワイティビーム

    赤外線とは・・・
    物質の内部へ全体に浸透し、内部から温める性質を持っています。

    赤外線の効果・・・
    血管が広がり血行が盛んになります。
    細胞及び組織の生命活動が活発になります。
    吸収された温熱は血液循環により生理的体内で拡散されます。

    赤外線・・・
    太陽光線に含まれる電磁波で5~1000ミクロンの波長帯で深達力があり、体内に吸収され人体細胞で熱エネルギー反応を起こします。
    遠赤が生育光線と言われるのは、この温度上昇にともない血行が盛んに働くからです。

  • テーピング

    キネシオテープ・ホワイトテープ・包帯などにより患部を固定または、パフォーマンスに支障のないように行います。

  • 足湯

    足湯とは?

    足湯とは、足のくるぶしより少し上までお湯に浸けて体を暖め、全身の血行を良くする健康法で発汗作用もあります。
    体が弱っていて、入浴をすると疲労や衰弱を招く人には、足湯は体力を消耗しないで出来る最適の水施術法です。
    足湯は半身浴と同じ程度の効果があります。
    また、足湯を行う事によって、自律神経も安定され、心身を体の芯からリラックスする事が出来るのも足湯の特徴です。

  • すべての急性症状においての注意事項

    すべての打撲、捻挫など急性期の痛みで注意すること

    1

    温めない

    ケガをした直後は、患部を温めないで下さい。
    お風呂などで温めることは、治癒を遅くし、悪化を招くおそれがあります。

    1

    アルコールは控えること

    血行が促進され、腫れ、痛みをひどくします。

    1

    患部を自分でマッサージしないこと

    患部を揉んだり、叩いたりは避けて下さい。
    傷口がさらにひどくなります。グチャグチャに・・・

    1

    ケガをした部分を伸ばさないこと

    ケガをしてすぐストレッチなどをしないで下さい。傷口が開きます。
      ケガをした部分は安静にしておくこと。

    1

    痛みの確認をしないこと

    痛みが出るまで確認してしまいます。
    痛いと感じた時点で、悪化します。
    負の連鎖を断ち切りましょう。

    以上が一応の「めやす」ですが 個々の患者さんの ケガの状態によってことなります。