園田整骨院/尼崎市大阪市豊中市から阪急園田駅スグ 整骨院と鍼灸院

園田整骨院

五十肩とは

五十肩、四十肩 とよく みなさん言われますが、
本当は、『肩関節周囲炎』 に相当するものをさし、
肩関節の周囲組織の老人性変化を基盤とした病変によっておこります。

また、アウターマッスル(三角筋など外の筋肉)とインナーマッスル(棘上、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の
バランスの変化により起こることもあります。

中高年の人に多いところから 五十肩とか四十肩と 呼ばれるようになりました。(俗称です。)

関節周囲の変化としては腱炎、腱鞘(けんしょう)炎、腱板損傷、滑液包炎、関節包炎などがあり、

急性に発症するものと慢性に症状が増悪するものがありますが
主症状は肩関節の疼痛(とうつう)と運動制限です。

 

症状としては

腕を動かすと肩関節の疼痛が強く、
また夜間疼痛のため睡眠が妨げられることもあります。
(寝る前にオフロで温めると炎症が強くなり・・・)

運動制限の程度は、色々ですが
腕があがらなかったり  
腕が回らない(外旋、内旋ができない)ので、頭髪がとかせないとか、  
手が後ろに回らないので 、
帯が結べない(エプロンのヒモなど)、 
ズボンの後ろのポケットに手が入らないなど、

日常動作が制限されるようになります。
このように運動障害が強いことから、凍結肩frozen shoulderともよばれます。

 

まんがで見る 五十肩とは ←クリックで見れます。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。