園田整骨院/尼崎市大阪市豊中市から阪急園田駅スグ 整骨院と鍼灸院

園田整骨院

足関節の症状

足首の捻挫

足首の捻挫はスポーツ障害の中で、最も起りやすいものの1つです。

足首の捻挫は損傷程度によって3段階に分かれますが

3度(重度)靱帯の完全断裂
2度(中程度)少し部分的に断裂
1度(軽度)切れずに耐えられた状態

ここで一番やっかいなのは、軽度の捻挫です。

完全に靱帯が断裂すれば縫合し、部分的に断裂すれば保存して修復されるのを待つことができるが、

軽度の捻挫では靱帯が切れずに伸ばされたままの状態で残ってしまい、ゆるんだ状態になっています。


よく捻挫をすると同じ場所を何度も繰り返すことがありますが
これは、靱帯が伸ばされて緩んだままで関節を十分に支持できなくなっているからです。


切れないより断裂する方が予後としては、関節の安定性が保証されます。
これらの理由により軽度の捻挫とはいえ完全復帰に時間のかかる要因です。



軽度の捻挫が治りきらずに2~3週間経っても痛みが残るケースがあります。

これは靱帯のダメージは比較的早く改善されるのですが
その後に関節内の炎症状態がなかなか消えないからです。


また軽度だと2~3日もするとつい歩きだしてしまうため
関節内にストレスを受け続けることになり関節内の炎症を取り除けない原因のもなります。
特にアイシングを早く止めてしまうことも原因の一つです。

 

    捻挫と共に起こるもの



捻挫と共に起るものに

足首関節周囲の外と内踝の前・後方を走る下腿筋の腱の炎症があります。


また

捻挫した後、足首を曲げたり伸ばしたりするのがきつくなるのは、

関節の痛みだけでなく筋腱の炎症が残っているためです。



スネの筋肉(前・後脛骨筋、腓骨筋、第3腓骨筋)が硬くなることで、

足首周囲のが動きが悪くなり足首周囲に痛みを出してくることが多いようです。

正常な足首の可動域を取り戻すために
3点支持を確実にできるようにすることが大事です。



またやっかいなのは、捻挫の後遺症である『足根洞症候群』です。

足根洞症候群は、ねんざした後に
かかとの骨(踵骨)と足首の骨(距骨きょこつ)の間に痛みが続く状態です。

足の奥にある靭帯の部分的断裂に関連しています。

後遺症が残らないためにも早めの治療をしましょう。


今日の情報は、みなさまにお役にたちましたでしょうか?



お気軽にお問い合わせ下さい。